サービスの仕組み

『iNSIGHTBOX』は、
あらゆる業種・業態の企業のデータ*を独自ルールで「抽象化」します 。
(抽象化とは、データに社会性を持たせるためのプロセス) *個人情報を除く

次に、独自アルゴリズムでそれらの関係性を定量化します。
これらのプロセスの定期的な実行により、『iNSIGHTBOX』は定期的に更新されます。 多種多様な企業のデータが追加されていくことで、
『iNSIGHTBOX』はより精度が上がっていきます。

その結果、『 iNSIGHTBOX 』はいわば「社会知」のためのデータベースとして、
お客様をより深く理解するための参照先となります。
『iNSIGHTBOX 』を参照することにより、
お客様に関して、自社データのみからは得られない知見が得られることでしょう。

  • 自社だけでない、さまざまな分野の
    企業データから成る膨大なデータベース。

  • それぞれのデータを抽象化。

  • 独自アルゴリズムにより、
    抽象化したデータの関係性を定量化。

上記のプロセスが定期的に実行されていくことで、『iNSIGHTBOX』は、より精度が向上していきます。
自社データだけでは得られない知見の獲得が可能となり、貴社の顧客インサイトを強力にブーストアップします。

慶應義塾大学大学院経営管理研究科 井上哲浩教授 監修

この商品のターゲットの規模は
どのくらいだろう?
潜在顧客は我々の想定よりも多そうだ!
優良顧客像がイマイチつかめない・・・
我が社の優良顧客になり得る
お客様が分かった!
この新製品について顧客に響く
キーワードって?
こんなキーワードが響くのか!

「社会知」としてのデータベースであるiNSIGHTBOXが参照先となることで、
自社データのみのデータマイニングでは得られない知見を得ることができます。